PRODUCTS
/製品/

P4 Multispectral

農業の「見える化」

Phantom4 multispectral画像

P4 Multispectralは、作物水準での正確なデータを収集し、農業ミッションや環境モニタリングなどの用途向けに構築されたマルチスペクトル画像システム搭載の高精度ドローンです。作物の健康状態を、すぐに把握。P4Multispectralは、作物の健康状態を把握し、植生管理に対応したインサイトデータを取得するプロセスを統合します。DJIは、OcuSyncシステムによる最大飛行時間27分と最大伝送距離(日本国内5 km)といったDJIの代表的な大型モデルと同等の性能基準を満たしています。

内面まで見通す力

内側まで見通す力

内蔵型の安定化映像システムにより、すぐに使用できる包括的なデータセットを収集でき、農業用の画像収集がこれまでになく簡単で効率的になりました。RGBカメラ1台と、ブルー/グリーン/レッド/レッドエッジ/近赤外線の帯域の5台のマルチスペクトルカメラアレイで収集された情報にアクセスし、 それらの2メガピクセルカメラはグローバルシャッターを備え、 3軸ジンバルで安定化されます。

統合型日照センサー

統合型日照センサー

ドローン上部に統合されているスペクトル日照センサーが太陽放射照度を捉えることにより、1日の異なる時間帯でのデータ収集の精度を向上させ、一貫性が増します。この情報を後処理データと組み合わせれば、最も正確なNDVI測定結果を生成することができます。

cmレベルの正確性

cmレベルの正確性

DJIのTimeSyncシステムで、6台のカメラすべてで撮影された画像のリアルタイムで正確な測位データを取得し、cmレベルの正確な測定値を得ることができます。TimeSyncシステムは、フライトコントローラー/RGBカメラ/NB(狭域周波数帯)カメラ/RTKモジュールを継続的に調整し、各写真が最も正確なメタデータを使用し、測位データがCMOSの中心に固定されるようにします。すべてのカメラで、半径および接線のレンズ歪みを計測する厳密なキャリブレーションが実施されています。収集された歪みパラメータは各画像のメタデータに保存され、後処理ソフトウェアですべてのユーザーが一意に調整できます。

RGB映像とNDVI映像を表示

正規化差植生指数(NDVI)分析画像

単なる空撮だけでは、詳細情報を必要とする
農業従事者にとっては情報が足りません。
予備の正規化差植生指数(NDVI)分析とRGBライブ映像を切り替えて、注意が必要な箇所をすぐに視覚化できます。そのため、的を絞った処置の決定を、素早く行えます。

データ分析

パラメーターサンプル画像

作物の健康状態を正確に把握するために、作物特有の測定基準とパラメーターを適用して、 空撮データに簡単にアクセス、処理することができます。

データに基づく処理

映像撮影風景

正確なドローンデータに基づき、注意が必要な領域にターゲットを絞って対処します。
※別途 TERRAソフト・PCが必要になります。

NDVIとは?

NDVI 正規化植生指数 スペクトル反射特性植物は光合成色素の働きで可視域の電磁波を吸収し近赤外域(NIR)の電磁波を強く反射する特性があります。

植物の分布状況や活性度は、吸収帯域である赤色の波長域と吸収しにくい近赤外線の波長域の相関関係を利用した植生指標(NDVI)で表せます。

NIR:近赤外域の反射率 RED:赤の反射率

植生指数値(NDVI)と植生状態の関係 -1~1までの数値で表記されます。

 -1~0  死んだ状態

 0~0.33 不健康な状態

 0.33~0.66 やや健康な状態

 0.66~1  非常に健康な状態